投資をして収益率を劇的UP【収益物件を利用した不動産投資】

スーツの女性

収益を上げるための不動産

不動産

収益不動産で工夫する点

不動産へ投資する際に家賃収入を得て運用していく方法があります。これらの投資対象となる物件を収益物件と呼ぶことがあります。この運用方法をとる場合に工夫することで得られるメリットがあります。それは保有する形態を法人で保有するということです。なぜ法人で保有することでメリットが得られるのかというと相続税対策として活用できるからです。不動産を個人で保有している場合には暦年贈与すると非常に手間がかかってしまいます。この点法人であれば株式評価さえ毎年行いさえすれば契約と贈与税の申告を行うだけで済むことになります。したがってある程度の年齢から贈与を年々行っていくことで相続税を少なくすることができる可能性が高くなります。

収益不動産で注意する点

収益物件を保有する際に注意する点があります。それは減価償却の方法です。減価償却の方法は定額法と定率法の2つの方法があります。そのうち定額法とは毎年均等に経費を計上することが方法です。対して定率法は年々経費として計上することができる金額が少なくなっていきます。したがって定額法であれば計画が立てやすい方法ですが定率法は年々経費として計上できる金額減ってくるため計画が立てにくい方法となります。収益物件を運用する際にはキャッシュフローと利益が噛みあわないことがあります。これは借入の返済がある場合には顕著です。したがって収益物件を運用していく際には税金の納付も計画に入れた資金計画を立てることが大切となります。

不動産屋の取り組み

住宅

営業をしていく事が、不動産集客においては大事になってきます。一般家庭や企業に直接訪問する事によって、あなたの不動産屋の良さを伝える事ができます。今後競争が激しくなってきますので、複数の集客方法を実行する必要があります。

賃貸経営と空室への対応

不動産

賃貸経営を行う上で、最も大きな問題となるのが空室対策である。空室が発生すると、家賃収入を得られず、維持管理費のみが発生する状況となるためである。最近では不動産会社や専門の会社が空室対策を行ってくれるケースが増えている。

人気エリアでの不動産投資

スーツ

大阪のような資産価値の上昇か見込めるようなエリアで不動産投資会社を選ぶためには、いかに負担なく、かつ収益性の高い物件を持つことができるかを提案できる事が重要となります。短期売却に限らずに、長く任せられる業者を選ぶことが大事です。